希現象

鍵をなくした…

だいぶ困った

あぁ、帽子ほしい。。

これは…

世も末だな。。

10046972.jpg

移動

シークエンススタッフとメンバー7人で寿司食いに行ったぜ

あんなにうまいと思わなかった

また行きたいな

食べ終わって古本屋へふらっと立ち寄るメンバー

ヒマだったからついていったんだが…

すでに中古のCDを見て盛り上がっていたメンバー

俺は冷めた目で見ていた…

ってことにしよう

いやぁ、掘り出し物結構あるな

また行こう

そんなこんなで購入したCDを聞きながら東京へ

いくぜぇー。。

改めて音楽を好きだと思った瞬間

何気ないひさよしとのやりとり

いつも聞いてる曲を何故かすごくかっこいいと思った

欲しいと思った

胸の底の何かを鷲掴みにされた感じだ

俺は生きてるってものすごいリアルな感覚を味わえた

この気持ち忘れたらいけない

俺は…。。

やっと…

倒れるくらいのスタジオの合間…

3日間まともに寝ないで…

やっと…

やっと…

夢の国へ

さよなら。。

10046215.jpg

ニヤリ

綺麗だろ

俺の玩具。。
10046128.jpg

JAF

そんなときもある!

今日は良い感じで打ち合わせもできたし

充実した一日だったな

お前等、期待して待ってろよ

そのうち…

覚悟キメとけ。。

うとうと

先輩にもらったライブDVDを見ながらうとうとしてる今日この頃

とそのまま眠りにおちた

あぁ、もう夜だ

昨日撮ったやつでも見といてくれ

ふぁあ。。
10045856.jpg

ヘルプミー

体力の劣ろえ…

いつも当たり前にやっていたことが…

最後までやったものの気にいらねぇ

また何かやり始めそうな尖です…。。

老人との不思議な出会い

俺が公園で歌詞を書いていると

いきなり老人が隣に座り

にっこりと語りかけてくるではないか

まるで映画のワンシーンでありがちな風景になってしまった…

うるせぇな、俺は歌詞書くのに忙しいんだよ

…と思いつつ、面白そうなのでつい話をきいてしまった

しかし、じいさんは人がおとなしく話を聞いてると思って小学生でもわかる嘘をポイポイつき始めた

これは俺も負けられないと膨大な嘘で応戦した

ここからはもう『地球は丸くないんだよ』くらいの勢いの作り話に花を咲かせた

そして一時間程白熱した作り話に満足したのか

老人は満面の笑みで二人の今後にエールを贈り立ち去っていった

しかし俺はあの話でハーフの陶芸家になってしまった

そして老人は若かりし頃激しい冒険家で、つちのこに遭遇したことがあるらしい

未だかつてない世界感…

世の中は広いな。。